カテゴリー
スキンケア

ニキビ肌や肌荒れに効果があるカテキン!

カテキンとは、ポリフェノールのフラボノイド類の化合物になります。「エピカテキン」「ガロカテキンガレート」「エピガロカテキンガレート」「エピガロカテキン」といった種類があるのです。

 苦味、渋みの主成分で緑茶などお茶類に多く含まれているのはご存知でしょう。そして、殺菌作用が高いことから病気予防に広く活用されてきたのです。

カテキンが含まれる食品

カテキンが含まれている食品は、お茶類以外にも複数あります。代表的なものといえば、コーヒーやワイン、チョコレートなどです。またりんごや柿といった果物にも含まれています。

 高酸化作用や血行促進作用が高いので、アンチエイジング効果が注目されています。

http://www.tsuiokutegami.net/

緑茶の殺菌効果とは?

日本人の生活に馴染みの深い緑茶です。緑茶は烏龍茶と紅茶と原料は同じになります。

一番の違いは発酵時間になります。茶葉を生葉のまま乾燥させたものが緑茶になります。

 緑茶には、抗酸化ビタミンと言われている体の酸化に効果のある物質を豊富に含んでいます。ストレスを軽減させて血行を促進することで、糖尿病や動脈硬化の予防にも効果があります。

 さらに、緑茶の渋み成分であるポリフェノールの一種タンニンがありますが、タンニンにはカテキンという殺菌成分が多く含まれています。

カテキンは、1996年O-157が流行しました。その際O-157への殺菌作用があることで広く知られるようになったのです。

名前の由来は”勝て菌”で日本の科学者によって見つけられた成分になります。

近年ではカテキンの殺菌力が口臭や体臭の予防にもなります。しかし、それだけではなく、癌細胞の抑制にも効果があると研究発表されています。

今まで緑茶を飲む習慣がなかった欧米でも、この優れた作用から需要が高まってきています。世界的に知られた健康食品として認知されつつあるのです。

効果的な使用方法とは?

緑茶にはカテキンによる殺菌成分に加えて、血行促進効果や体臭の予防効果があることが確認されてきています。

 この緑茶は飲むだけではない効果があります。それは、スキンケアなどに利用することもできます。

緑茶には、肌の免疫機能を助けるビタミンCが多く含まれているのです。緑茶をお湯で煮だした時に多く抽出される成分になります。

スキンケアに使う際には、茶葉をお湯に通したもので洗顔後に顔を洗うことで、洗浄効果があるため、ニキビや肌荒れなどの改善に繋がります。

 

カテゴリー
スキンケア

お肌の悩み経験から考えたこと

30代になってから、肌のハリがなくなってきたり、毛穴が開いてきた感じが強くなってきました。http://www.baodownnashville.com/

また、昨年の夏頃から、使い捨てマスクの繊維の問題なのか、はたまた仕事のストレスの問題なのか、顔の下半分のニキビが増えてきました。市販のいろいろな化粧水や保湿クリームを試して、なるべく保湿をしたり、夜のお風呂上りにパックをしたりと気を使ってきましたが、一向に治りません。

また、これも市販のニキビ対策クリームを塗るようにしたのですが、

効果がなく、初めて皮膚科へ行ってみることにしました。

お医者さんやナースさんからは「まだ若いのだから、化粧水などは使わなくて良い」と言われました。

病院で処方してもらった薬を塗るようになってから、だいぶニキビは落ち着きました。

また、ストレスによる影響もあったようです。

化粧水や保湿液を使うようになってから、自分は意外と肌が弱いということがわかりました。

今ではネットでさまざまな口コミがありますし、友人知人の意見なども参考にしながら自分に合ったものを選んでいきたいものです。このような製品は「安かろう悪かろう」であることが多いので、自分の肌に直接影響することも考えて、きちんとしたものを選ぶのが一番だと思いました。

カテゴリー
スキンケア

子どもとできる日焼け対策

みなさんは日焼け対策してますか?

http://www.laplage2018.com/

年々夏は気温が上がってきて外にでることも控えるようになってきました。しかし、紫外線は3月頃から徐々に増え始めるそうです。油断できませんね。

とはいえ、春先なんかは子どもが望むのなら一緒にお外で遊びたい!

子どもって気まぐれで急に外で遊びたいって言いだすものですから、日焼け止めを塗る間もなく紫外線の下で遊ぶことも少なくありませんよね。

紫外線はお肌に蓄積されるって聞いたことがあるので、数年後が怖いです。

年々紫外線量も増えているのなら、子どもでも日焼け止めを塗ったほうがいいのでしょうか。

でも子どもってキレイなお肌をしているので、子ども用の日焼け止めだとしても塗ることに抵抗があります。

逆に日焼け止めの成分がお肌に悪影響を及ぼすんじゃないか、とか……

しかも、子どもにも自分にも日焼け止めを塗ることを考えると億劫になります。

いっそ地球全体を紫外線を遮るドームで覆ってほしいなあ……なんて想像しちゃいます(笑)

帽子をかぶって外に出るようにはしているのですが、紫外線は地面からも反射するっていいますよね。

帽子だけでは紫外線対策としてまだまだ甘いのでしょうか。

子どもと自分のために、手軽に日焼け対策のできる商品が発明されることを期待しています!

カテゴリー
スキンケア

顎周りのニキビとおでこのニキビ

おでこと顎周りのニキビに悩んでいます。シルクリスタ

おでこは思春期の頃から赤く炎症した痛みのあるニキビが出来ています。

治ることもありますが、綺麗な状態で治ることはここ10年以上ありません。

顎周りのニキビは20代になってから頻繁にできるようになり、おでこのニキビと同じように赤く炎症したニキビが出来ています。

顎周りも常に数個ニキビがある状態なのはもちろんですが、定期的にひどくなったりましになったりすることがあります。

思春期の頃は皮脂分泌が盛んだったので、皮脂のせいでニキビが出来やすくなっているのだと思っていました。

丁寧に洗顔をして皮脂を取り除こうとしていましたが、その後の保湿ケアを行っていなかったので余計に皮脂が分泌されてしまいニキビが悪化していきました。

今は美容の知識がついてきたので保湿ケアもしっかり行うようになりました。

それでもニキビはあんまり治りません。

顎ニキビの場合は特に、皮脂が原因なのではなく不規則な生活習慣やバランスの悪い食事やホルモンバランスの影響が大きいと言われています。

外からのケアだけでなく内側からしっかりケアをしていか必要があることに気がつきました。

バランスの取れた食事をしたり睡眠をしっかり取ったり生活から見直していこうと思います!

カテゴリー
スキンケア

ニキビから回復させる

ニキビというのは若い人にのみ使う言葉であるとされていて、それ以外の場合は実は吹き出物という呼ばれ方をするようになっています。だから何だという話でもあるのですがとにかくそういう状況のものができてしまったと言うのであれば、若いにせよそれなりの年齢にあるにせよ改善しなければならないということにはなるでしょう。

ビューティーオープナージェルは販売店で市販されている?私の口コミや効果などをご紹介!

その改善の方法なんですが基本的には自分自身の回復力でどうにかするということが一般的です。もちろん薬という方法もあります。抗炎症作用のある薬なんかを塗るというのも良いですし、内側から綺麗にしようということでビタミン剤などから頑張るというようなやり方もないわけではないです。

結局のところは割と時間が解決してくれるみたいな側面があるのですぐにどうこう治そうということではなく、それなりに時間をかけてゆっくりと元の肌の綺麗な状態に戻していこうということを考えるのがベストということになっています。

ですから結構大変なことではあるのですが、それでもニキビというのはかなり見た感じよろしくないので早めに改善するということは重要ですから、まずはニキビの炎症の状態というのを抑えるようにして、時間経過で回復できるようにしておきましょう。

カテゴリー
スキンケア

肌のシミとかをどうにかする

肌の悩みで多いのはやはりシミとか弛み、そして乾燥でしょう。若い頃にはすぐに治ったようなシミとかもどんどん加齢とともに着実に肌に残るようになってきたりとか、乾燥も無縁だったのにも関わらず加齢とともにやはりどんどん肌が潤いを失ってしまっているみたいなことがあるわけです。

nicoせっけんの口コミと効果を暴露!販売店での市販状況などもレポートします!

そうしたことで悩んでいる人はとても多いことになります。取り返しのつかないことになる前にしっかりとしたエイジングケアというのを行いましょう。

加齢に関する部分というのは基本的には仕方がない部分もありますがそれでも肌の潤いを強くしたりしようとするということができないわけではありませんので色々と栄養素を摂取してみたりとか紫外線から守ってみたりとかそういうことで肌を守ることはできたりする回復力を強くするとかそもそも負担をかけないようにすることとかから考えてみると良いでしょう。

美白成分の配合されている化粧品などを積極的に使うということも地味ではありますが、意外とメリットがあったりします。

シミを隠すということで化粧をする、ということもありますがそれは根本的に改善できているわけではありませんから、あくまでシミを薄くできるように、ということで頑張りましょう。

カテゴリー
スキンケア

自分の汗で肌荒れするので対策することにしました

私の悩みは、汗をかくと肌荒れすることです。徹底レポート!ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの最安値通販サイトや私の口コミなどご紹介!

汗をかいたらすぐに拭かないと1時間もすると体がかゆくなってしまいます。

特にお腹と膝の裏がかゆくて、夏は毎日虫刺されの時に塗るかゆみ止め(ムヒとか)を塗っていました。

すごく強い肌というわけではありませんが、自分の体から分泌されたもので肌が荒れるのは、商品選びを間違えた訳でもないのに…と悲しくなるものです。

それに毎日自分から漂う香りがかゆみ止めの薬の匂いというのも悲しいです。

汗に含まれる塩分がよくないのかと思い調べたら、皮膚の正常なバリア機能が働いていないときに汗での肌荒れが起こると書いてありました。

言われてみれば、私は乾燥肌ではないので、一年中体の保湿はしていないです。

夏はお風呂上りにも汗をかくので、それでますます肌のうるおいが奪われていたのかなと思いました。

夏でも、顔や首は汗をかいても肌荒れしないのは、スキンケアしてるからだったのですね。

面倒だけど今年は春からボディケアをすることにしました。

汗をかく季節になっても皮膚のバリア機能が崩れないように、少しずつ準備をしておくことが大事ですね。

ボディケアも夏になったら面倒くさがりそうなので、お風呂上りでも気持ちよく使えるような、さっぱりしつつ潤うボディジェルを探そうと思っています。

カテゴリー
スキンケア

お肌の曲がり角を何度も曲がってみて

20代の頃は数年ごとにやってきていた「お肌の曲がり角」が、歳を重ねるごとにサイクルが早くなってきて焦りまくっている50代の私です。最初は笑った時の目じりの乾燥しわ、肌のテカリだけだったのがそのうちそばかす・しみ、毛穴の広がり、肌のくすみ、ほうれい線などがどんどん加わってきて今ではフェイスラインのゆるみが気になって仕方がありません。

透輝美を試した効果

タレントの千秋さんが自分の顔を鏡で見ると「玉手箱を開けたかのように」急に老けた、という表現を使っていましたが、その表現が私にもぴったりとあてはまります。私の顔はこんなじゃなかったはずなのに。藁をもすがる思いでエステに行ってみたり家で美顔器でマッサージやマスクをしたりしてみるものの、まるで焼け石に水状態です。

もうここまできたら美容医療に頼るしかないのか?と思うこともしばしばあります。

しかし50代前半にやってしまったら私の60代はどうなるんだろう?と思ったり、メンテナンスに一体いくらかかるんだろうと思うとなかなか踏み出すことができません。母や祖母をはじめとする諸先輩方はどうやって老化を受け入れて付き合ってきたのだろう?と思うこともしばしばです。

あの頃日焼けしないようにもう少し気にしていたらと思ったりもしますが、あの頃はあの頃でお日様の下で遊ぶことが楽しかったのだから仕方ありません…と思って諦めるしかないのでしょうね。